睡眠障害

「睡眠障害」という病気をご存知でしょうか?
睡眠障害というのは、名前の通り睡眠になんらかの障害が起きている病気のことです。睡眠障害になってしまうことで、快適な睡眠が失われてしまい、心身ともに様々な影響を与えてしまう恐れがあります。
一度睡眠障害になってしまうことで、自然と病気が治ることはありません。そのため、しっかりと治療に取り組まなければならないのです。

睡眠障害という病気の名前は耳にしたことはあるものの、実際にはどのような病気なのかよくわからない・・・といった人が多いことでしょう。
この病気は誰にでも発症する恐れがあります。現在、日本人の5人に1人は睡眠障害を患っていわれています。つまり、身の回りに居る人の中で1人は存在していると言っても過言ではないでしょう。
国民病となってしまっている病気なので、誰にでも発症する可能性は大いにあります。そのため、他人ごとと思うことなく、身近な病気として考えましょう。

そこで、自分にとって身近な存在として認知してもらうために、睡眠障害の種類、どうして発症してしまうのか?という原因、どのようにして治療をすればよいのか?という治療方法について紹介したいと思います。
また、いざというときの病院の選び方についてもお教えします。

一人でも睡眠で悩む人が少なくなるように、参考にしてください。

  • 睡眠の重要性
  • 不眠と過眠
  • 併発
  • 病院へ行こう
  • 治療法
  • 病院を見つける