病院へ行こう

白い花

十分な睡眠を確保することが出来ないといった場合には病院で治療を受ける必要があります。
病院へ行くことで、睡眠障害の原因を追求し、それらの原因に合った治療をおこなってくれます。どのような病気でも早期発見早期治療が大切です。
早期に治療することで、治療費の負担軽減にもつながります。

睡眠障害の場合、どこの診療科を利用すればよいのかわからないでしょう。
睡眠障害は精神疾患と併発していることが多いので、精神科や精神神経科、心療内科で診てもらう事ができます。ただ、精神科に通うことは気が重いということであれば、自分のかかりつけ医に相談をしてもよいでしょう。そうすることによって、かかりつけ医が自分に合った専門医を紹介してくれることでしょう。
また、診療科ではなく、複数の診療科がある総合病院を利用することによって症状に合った診療科を紹介してもらうことが出来ます。

寝不足の女性

医療機関へ行くと、どのような診断や検査が行われるのか不安という人のために、診断方法や検査方法について紹介します。

・診断
睡眠状態を念入りに把握するために、問診が行われます。問診では、主にいつから眠れなくなったか、原因は明確か、寝付くまでの平均時間、夜中に何度も目覚めるか、朝起きた時スッキリしているか、いびきは出るかといったことを聞かれます。
ほとんどの確率で上記の質問がされますので、病院へ行く前に自分でメモしておくとよいでしょう。そうすることでスムーズに診察を受けることが可能です。