睡眠の重要性

夕日

現在、日本人の睡眠時間はどんどん減少しています。
その理由としては、日本は他の国に比べて勤労時間が長く、朝早くから夜遅くまで働いています。膨大な仕事量があるから仕方がない・・・ということで、毎日の睡眠時間を削って働いている人が多いからです。
しかし、他国では睡眠の重要性が認識されていますので十分な睡眠時間を確保しています。そのため、健康な人が多いのです。
日本は長寿国といわれていますが、長寿国となっている理由は「医療の進化」です。医療が進化していることで、病気を治療し、長生きをすることができているのです。そのため、健康な体で生きているといった寿命とは異なります。

毎日の睡眠時間が短くなると、身体に様々な影響を及ぼします。その影響とは、精神疾患、日中の眠気、肌荒れなどです。
また、十分なん睡眠時間を確保できない生活が続くことによって睡眠障害という病気を患ってしまいます。
睡眠障害患者を減らす、病気を患わないようにするためには、一人でも多くの人が睡眠に対して十分な必要性を認識する必要があります。

悩む女性

睡眠の重要性を認識するためには、睡眠がもたらす効果を知る必要があります。それでは、どういった効果があるのか?ご紹介します。

・疲労回復
肉体を動かすことによって筋肉が疲労状態になります。また、肉体を使用していなくても脳内を活発に使うことによってエネルギーが消耗します。これらの疲れを取るためには睡眠が必要不可欠です。特に、脳内の疲れを取るためには、肉体の疲れをとる倍以上の睡眠を確保しなければならないといわれています。

・ホルモンの分泌
人間は寝ている間に成長ホルモンが分泌するようになっています。ただ、深い眠りにしか成長ホルモンが分泌されません。成長ホルモンは、体が成長するために欠かすことが出来ない成分です。肌や怪我の修復、脂肪燃焼作用もあります。

・ストレス解消
脳内でストレスを感じると疲労感があると認識されます。脳がつかれていることで体全体が疲れていると感じてしまいますが、寝ることでストレスが解消されます。

・病気予防
寝ている間に、体内では様々な物質が生産されています。血液、赤血球、白血球などが生成されており、体内の免疫力向上につながります。また、寝ている間にも全身に血液が送られていますが、心臓の負担を軽減させることも出来ます。よって、様々な病気予防にもつながります。